ピストルタイプにグリップ交換してみた|イーブンロールパター

スポンサードリンク



新しいパター買って、
すぐグリップ交換する人っていますよね?

なんでそんなことするんだろう・・・。って疑問に思ってたんですけど、
そんな自分が、なぜか、買ってから約1ケ月しか経ってない
イーブンロールパターのグリップ交換しちゃいました。

交換した理由は、もう少し細めにしてみたいと思って、
ピストルグリップに興味が湧いたからです。

純正ピストルグリップ

交換するといっても、スーパーストロークなどの社外品ではなく、
イーブンロールパターの純正ピストルタイプを注文しての交換です。

「えっ、純正のピストルタイプなんてあるの?」
と思った方は、以前に書いた記事をご覧ください。
購入方法も記載してあります。

イーブンロールパターの純正グリップ販売は?→ここで買える

2017.12.03

注文してから3日で届きました。

赤に白地のマークがカッコイイです!

「このボコボコなんだろう?」
よく見たら、無数のイーブンロールマークが(笑)

詳しい素材は分かりませんが、
一般的なラバー素材で、やや硬めの感触です。

標準で装着されてあるオーバーサイズと比べると、
1.5倍ぐらい、太さの違いがありますね。

エンド側の形状はこんな感じ。

交換してみた感想

さっそく交換して試打してみました。
見た目は真っ赤で派手だけどイイですね♪

標準のオーバーサイズは、極太でイイ具合に手首がロックされて、
117gと重めだからカウンターバランス効果でストロークが安定します。

それに対して、ピストルタイプは70gで細めになるので、
総重量は標準装着時より軽くなりますが、手元が軽くなるので
バランスが数ポイント重くなってしまいます。

油断すると手首がグラグラして、ちょっと安定性に欠けるかな・・・。

交換前後のスペック

グリップ重量が変わりますので、
必然的に総重量とバランスが変わります。

交換前と後のスペックです。

【交換前】※標準グリップ装着
総重量:601g
バランス:E0

【交換後】※ピストルグリップ装着
総重量:555g
バランス:E5

5ポイントもバランスが重くなりました
なるほどね。やっぱりそうか・・・。

バックスイングがちょっとぎこちなく感じて、
インパクトで若干オープンフェイスになってしまう。
いつものストローク以上に転がりが強くなってしまったのは、
バランスが5ポイントも上がってしまったからですね。

ちょっとバランス悪いかな?

ちょっと興味があって交換してみたんですけど、
自分には合わないと思います。

だからといって「ピストルタイプはダメ」なのではなく、
あくまでも私には合わなかったってことです。

「もっとゆっくりストロークしたい」
「ショートしてカップまで届かないことが多い」
そんな方は、ピストルタイプを試してみるのはアリだと思います。

(追記)

改めて下の動画をみると、
ピストルタイプを装着してあるパターには、
カウンターバランスウエイトらしきものをハメ込んでますね。

英語が分からないので予想ですが、
ピストルタイプの場合は、このウエイトを入れないと
バランスが悪くなるんだと思います。

その映像は13:48~

カウンターウエイトって販売してくれるのかな?
ちょっとイーブンロールパター・ジャパンに聞いてみようかな・・・。

それとも、標準グリップに戻すか。
どうしよう悩むな。ちょっと考えます。

どうするか決まったら追記したいと思います。

(追記)
ピストルグリップ抜きました。
(もちろん、もったいないから切らずにね♪)

その代わり、ジャスティンローズがパターに装着して
パッティング絶好調になったFLAT CAT(フラットキャット)にしてみました。

[FLAT CAT]パターグリックに変更したので口コミします

2017.12.24




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です