【松山英樹パター】スコッティキャメロン・ノッチバックに変更?

スポンサードリンク



PGAツアー ザ・ノーザントラストが
2017年8月24日~27日 グレンオークスクラブ(ニューヨーク州)で、
年間王者に向けての戦いが始まった。

ゴルフネットワークでライブ放送を観ていて「あれっ?」と思った。
松山英樹が手にしているパターがまた変わってる?

テーラーメイド TP COLLECTION MULLEN

[WGC ブリジストン招待]から使い始めて、
すぐに優勝を勝ち取ったTPコレクションミューレン。
[全米プロゴルフ選手権]では、惜しくも優勝を逃して涙したが、
その大会でも使っていたのはTPコレクションミューレンだった。

2大会連続で好成績を残したことで、
長らくエースパターとして使用していたスコッティキャメロではなく、
今後もTPコレクションでプレーオプ全4試合を戦っていくのだろう、
そう思っていたのだけど、ザ・ノーザントラストで松山プロが手にしていたのは、
TPコレクションでもなく、エースパターのキャメロンでもなかった・・・。

スコッティキャメロン・ノッチバック?

映像を見る限り、ソールのバック側の中間部分がえぐれてる。
エースパターは[キャメロン ニューポート2 GSS]なので、
ソールをいる限りそれとは違う。

ブレードタイプでクランクネックであること。
そして、このソールの形状からすると、
おそらく[スコティキャメロン ニューポート2 ノッチバック]では?

ニューポート2・2016のノッチバックかなとも思ったけど、
フェイスをみる限り2014バージョンなのかもしれない。

2016バージョンのニューポート2のフェイスは、
6061アルミニウムで色も違う。

 

そもそも本当にキャメロンパターなの?
フェイスの刻印と、バックフェイスの3つの丸をみる限り、
スコッティキャメロンであることは間違いない。

なぜ絶好調だったパターを変えた?

[WGC ブリジストン招待][全米プロゴルフ選手権]では、
TPコレクションミューレンを使用した効果なのか、
ボールの転がりがよく見えたし、距離感も合ってたように思えた。

松山英樹プロのTPコレクションミューレンは、
もちろん市販品ではなく特注のプロトタイプだ。
グリップも違うし、ソールには【HIDEKI】も文字が刻印されたもの。

聞いた話によると「頼んでいたのがやっと届いた」
というぐらい待ちに待っていたパターなのに、
2試合連続、しかも[WGC ブリジストン招待]では優勝を遂げたのに
どうしてアッサリと変えてしまったのだろうか?

年間賞金王をかけた大事なプレーオフ第一戦目に、
新しいパターを投入するには、普通だと相当な勇気がいると思うけど、
きっと松山英樹プロにしか分からないナニかがあるのだろう。

ちなみに、ダスティンジョンソンも
テーラーメイドスパイダーからピンタイプのパターへ変更した模様。
詳しいタイプは映像を見てもちょっと分からなかった。

ザ・ノーザントラスト 成績・結果

「がんばって予選通過したい」と事前インタビューで語っていた
松山英樹の初日成績は、ノーバーディ、4ボギーの4オーバー(74)でした。

ホールアウト後のインタビューでは、
質問:最後までエンジンがかからなかったですけど、今日一日どうでしたか?
松山:そうですね。いいところなかったですね・・・。
質問:一番苦労した点はどこだったでしょうか?
松山:まあ、ショットもパットも、といったところですね・・・。
質問:パターは思ったところには打ていて、中々入ってくれないという感じですか?
松山:う~ん・・・、どうなんですかね。入ってないですね(苦笑)
質問:明日に向けての意気込みをお願いします。
松山:一個ぐらいバーディを取れるようにがんばりたいと思います。

この日のパーオン率は11/18で61.11%だった。
決して悪くないパーオン率でありながらバーディを
一つも決められなかったという結果に、インタビュー中は
終始浮かない表情で答えていたのが印象的。

このままでは予選通過は難しい状況だけど、
まだ初日だし、2日目は必ずパッティングを修正して
HIDEKIチャージをかけてくれると信じたいですね。





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です